2012年01月24日

検証!競馬予想X(エックス)の評価

先週のアメリカジョッキークラブカップでは、福永騎手騎乗のルーラーシップが圧勝でした。

レースを見ていましたが、道中ではナカヤマナイトが好位につけており、徐々に進出するナカヤマナイトの勝ちパターンではないかと思いました。

ルーラーシップは直線を向く際にはかなり外を回されていたので、完全ナカヤマナイトが勝つかと思いました。

ですが、ルーラーシップはそこから鋭く伸びて大外捲くりで勝利してしまいました。

能力はある馬だとは思っていましたが、こういった勝ち方ができるのですから今年はぜひともGTをとってもらいたいものです。

しかし福永騎手は先日の日経新春杯でトゥザグローリーでトップハンデの1番人気で圧勝しています。

最強と言われた現5歳世代のこの2頭に騎乗して2012年早々に重賞を2勝しているわけですから、今後の古馬中長距離路線ではどの馬に騎乗していくのか注目したいところではあります。

トゥザグローリーはドバイ遠征との事なので、天皇賞春はルーラーシップでの騎乗でしょうか?
posted by こう at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。