2012年01月24日

検証!競馬予想X(エックス)の評価

先週のアメリカジョッキークラブカップでは、福永騎手騎乗のルーラーシップが圧勝でした。

レースを見ていましたが、道中ではナカヤマナイトが好位につけており、徐々に進出するナカヤマナイトの勝ちパターンではないかと思いました。

ルーラーシップは直線を向く際にはかなり外を回されていたので、完全ナカヤマナイトが勝つかと思いました。

ですが、ルーラーシップはそこから鋭く伸びて大外捲くりで勝利してしまいました。

能力はある馬だとは思っていましたが、こういった勝ち方ができるのですから今年はぜひともGⅠをとってもらいたいものです。

しかし福永騎手は先日の日経新春杯でトゥザグローリーでトップハンデの1番人気で圧勝しています。

最強と言われた現5歳世代のこの2頭に騎乗して2012年早々に重賞を2勝しているわけですから、今後の古馬中長距離路線ではどの馬に騎乗していくのか注目したいところではあります。

トゥザグローリーはドバイ遠征との事なので、天皇賞春はルーラーシップでの騎乗でしょうか?
posted by こう at 12:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

競馬予想X(エックス)検証した口コミの評判は?

今週の京成杯で注目している競走馬が1頭います。

マイネルロブストです。

前走の朝日杯で2着しているので京成杯でも人気になりそうです。

なぜこの馬に注目しているかというとその血統構成です。

父がゼンノエルシドで母の父がメジロライアンというところが気になっています。

ゼンノエルシドは2001年にマイルチャンピオンシップを勝った馬で、この馬から流して2001年の毎チャンピオンシップを的中した思い出があります。

母父のメジロライアンは、やはりオグリキャップが勝った有馬記念で大川慶次郎さんの発していたライアンという言葉が印象に残っています。

メジロライアンはどちらかというとその子供のメジロブライトが好きで追いかけていた馬の1頭です。

メジロブライトはもうなくなってしまっていますが、メジロライアンの血が入っている馬にはどうしても注目してしまいます。

マイネルロブストはGⅠで2着としているので、重賞を勝てるだけの力は持っていると思います。

ゼンノエルシドもメジロライアンもどちらかというと奥手の馬だったと思いますので、これからの成長が期待できるのではないでしょうか?

クラシックを獲る馬、GⅠを勝つ馬が、サンデーサイレンス系の競走馬ばかりになってしまっている現状をつまらないと感じている一人なので、こうした血統構成の競走馬が活躍してくれる事で、今以上に競馬が盛り上がっていくのではないかと思っています。
posted by こう at 12:43| Comment(0) | 競馬予想X評判 | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

競馬予想X(エックス)評価へ向けた口コミ

昨日の中山金杯ではアドマイヤコスモスの走りに注目していましたが、レース中に故障が発生したようです。

診断の結果は右第3中手骨複骨折という事でした。

これまで7連勝を記録しているので、個人的にはこのメンバーであれば、8連勝も可能性が高いと思っていました。

しかしこのレースのように競馬に絶対はありません。

どんなに実力のある馬でも昨日の中山金杯のアドマイヤコスモスのようにレース中故障を起こしてしまう場合もあります。

そう考えると競馬では何が起こっても不思議ではないのだなと思います。

アドマイヤコスモスの回復を祈っております。

アクシデントを他所に中山金杯を勝利したのはフェデラリスト。

この馬はオークス馬ダンスパートナーの子で、ダンスインザダークの甥に当たる良血馬です。

これで8戦6勝となり、重賞ウイナーの仲間入り。

今年のGⅠ戦線にものってくる馬である事は間違いないかと思います。

ブエナビスタが去ってオルフェーヴルが現れたように、1頭アクシデントがあっても次に強い馬が出てくるのが競馬です。

競馬ファンにとっては競馬を盛り上げる意味でも強い馬の活躍は嬉しいものです。
posted by こう at 15:28| Comment(0) | 競馬予想X口コミ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。